台湾に行ってきました⑧

投稿者: | 2018-02-23

スマートフォンがすっかり普及している昨今。

海外旅行でも色々と活躍すること間違い無しではありますが、

そのまま使うとパケ代がかなり高額になったり、

かと言って海外用のポケットwifiルーターなどを持って行くのも

(手続き等も含めて)面倒だし、荷物になってかさ張るかと。

 

※(SIMフリー端末を利用している方限定の方法ですが)

現地の携帯会社のプリペイドSIMを購入して現地に居る間だけ利用するという

のがイチバンのお勧めではないかと。

 

台北(桃園)の空港内、入国チェックを終えてすぐに電話会社のカウンターがあります。

複数社ありましたが、今回は(おそらく)一番メジャーな中華電信をチョイス。

日本でいうNTTドコモみたいな位置づけの会社でしょうか。(未確認ですが)

料金的には3日・5日で300元(日本円で約1200円)とリーズナブル。

ルーター借りてくるよりずっと安いです。(数分の一です)

 

日本語が出来る職員さんがテキパキと対応してサクっとSIMカードの交換。

2、3分程で作業も完了、即使える様になります。

日本に戻ったら元のSIMカードに差し替えるので、抜き取られたSIMは大事に保管しましょう。

(無くさない様にしないと。そこだけは大事)

容量の上限などもあったかとは思いますが、普通に利用している分には全く問題なし。

おかげで迷子になることもなく、快適な旅行を送ることが出来ました。

(中華電信さん、ありがとう)

オススメしておきます。

 

因みに日本に着いたら元のSIMに差し替えるだけで特に設定の必要も無く

使える様になりました。

中華電信のSIMも返却の必要もない様ですし、とってもラクラクでした。