彫刻する文字の話です。

最近は建立される墓石における洋碑の割合が随分多くなってきております。

洋型墓石の場合文字彫刻は結構みなさん悩まれます。

実際に今まで彫刻して建てられた事例の一部をひたすら挙げてみます。

(ご参考になれば)

和・憩・偲(ぶ)・絆・慈・祈・空・心・想・やすらぎ・旅

博愛・敬愛・慈愛・やすらかに・悠久・ありがとう・一期一会

倶会一処・永遠・感謝・合掌・旅路・真心・いつまでも・・・etc

(※実際はもっと色々な種類があります。変わった事例をお聞きになりたい方は

各店舗のスタッフにお聞きください)

個人的には上に挙げた事例の文字数くらいまでが綺麗に仕上がると思います。

(余り長い文章の様なものだと字が目立たなくなってきます)

 

一度彫刻してしまえば、変更は出来ません。(棹石毎交換すれば出来ますけど・・)

ご家族でよくご検討されて(これから代々残るものなので)みなさんがご納得できる文字を彫刻

していただけたらと思います。

また字の書体も楷書・行書・隷書など色々な種類があります。

(一番無難且つ選ばれているのは楷書ですが)

併せて良くご検討いただき(文字も含めて)いいお墓になったと満足いただければ幸いです。

たまたま最近、こういった話を良く聞かれることがあったので書いてみました。

 

20160721001

上の画像は「」です。となりのお石塔には「」が彫刻されています。

一時期「」がものすごく流行っていた時期もありましたが、最近はそうでもないです。

(5年ほど前でしょうか、理由はご想像の通りです)

一昔前はお墓に彫刻するのに不向きな言葉は○○とか色々ありましたが、

最近は余り気にせずにお好きな言葉を彫って良いと思います。

(でも何でもいいとは言いませんが)

 

PAGE TOP