石塔に彫る文字の話【記事】

今日はあいにくの天気の中、納骨のお手伝いがありました。
丁度納骨の間だけ雨が上がってくれてよかったです。
弊社では事前にお知らせ頂いていれば、納骨のお手伝いもさせていただきます。
建ててしまえば、「ハイ終わり」という業者さんもきっと在るかと思いますが、
後のお手伝いも可能な限りさせていただきます。
話は変わりまして・・
洋碑の場合、お念仏や○○家はもちろんですが、お好きな言葉を入れる方が最近は多くなっていると思います。
時節柄「絆」などは最近特に多いかも。
131110-01.jpg
和・憩・偲・愛・慈・・・数え上げればたくさんの事例があります。
本来お好きな言葉で良いのかもしれませんが、お墓には似つかわしくない文字もあるかもしれません。
その点は弊社スタッフにお聞きいただければ、アドバイス出来ると思いますのでお気軽にお聞きください。
又、文字の書体も楷書・行書・隷書・その他様々な字体があります。
ただ文字は彫り直せないものですので、余り奇をてらった形より、飽きの来ない無難な字体を選んだ方が良いのではないかと個人的には思っております。
一度作ってはやり直しの利かない部分ですので、納得行くまでご検討いただいた上で決めていただければ良いと思います。
県内全域(県外もありますけど)で色々な事例の経験がありますので、お気軽に弊社スタッフにお聞きください。
お待ちしております。[emoji:e-466]

PAGE TOP